【Identity V ストーリー】オフェンス - なんかマジシャンとの繋がり?| 背景推理の結論 ネタバレ

ウィリアム・エリスは高校生時代から、勉強家と実力をもつサッカー選手と言われているが、よくルールを守らないと指摘されている。こういうスタイルで全国に人気が広がっている新し運動「ラグビーサッカー」を発明したけど、名声がついてこない、人にはまだ「ボールを持ちながら走る高校生」の印象のまま。大学卒業してからも小型クラブしか行けなくて、そこに悩んでるうちに、神秘な招待メールがきて人生が丸ごと変わった。

オフェンスの背景推理の結論をまとめます。

1. 「際遇(さいぐう)」

運命はチャンスの影。

写真:ウィリアム・エリスがラグビー公立学校サッカーチームでの記念写真

2. 紛れ当たり

どのボタンを押すべきかな

どしようと迷っているときは、強く叩くのだ。機器はいずれ働くのだ。

3. タッチダウン

ええと、得点はゲートの後ろ?

結論:防御側のプレーヤーが味方のインゴールでボールを地面に押さえること

4. ラグビーユニオン

アマチュア精神は強調されるのものの、リアル生活も考えないと。

写真:若いウィリアム・エリスが去っていくチームメートの後ろ姿を見ている

5. チームワーク

ラグビーフットボールみたいに、このゲームもチームワークが必要だ。

ええと、濃縮したものこそ精華なり?

6. テクニカルファウル

フィールドにいる僕、見たいでしょう?

写真:ボールを持ちながら前へ走っているウィリアム・エリス

7. ランニングバックのプライド

うん、これは難しいことではないと思う。

攻撃するときは、体のでかいフルバックが前に道を開き、ハーフバックがボールを持ってダッシュする。速度ご機敏さはランニングバックの評価点。

8. タックル

敵を2度と立ち上がらないように!

写真:脚を抱いて倒れている選手の隣にはウィリアム・エリス

9. 秘密

誰もが秘密を持っている。他人の秘密を知ることは、必ずいいことではない。

日記:もしあのマジックショーを見に行かなかったよかったのに。チェーンにインチキをやったヤツ、俺に気づいたのかな。

10. リタイア

人生は厳しいのだ。たまに自分の好きなものを諦めるしかない。

誰もが俺を覚えていない。「ああ、あのボールを持ちながら走ってたチビ」しか言わないので。でも俺、ウィリアム・ウェッブ・エリス、がこの運動の発明者だ。

Identity V ストーリー・背景推理一覧
ストーリー
まとめ
結魂者
再び捨てられた
踊り子
笑い道化師の彼女?
祭司
答えを見つける
機械技師
パパを復活させたい
リッパー
二重人格
道化師
愛のため殺人
心眼
強くなりたい
傭兵
逃走兵
空軍
過失殺人
オフェンス
マジシャンと繋がり
マジシャン
師匠を殺した
泥棒
子供を悪用
弁護士
復讐者の妻と不倫
医師
闇医者
断罪狩人
山守り
復讐者
経営難で自殺
庭師
復讐者の娘

#IdentityV攻略#IdentityV#deduction#オフェンス#ネタバレ#背景推理#ウィリアム・エリス#アイデンティティV#結論#攻略

IdentityV攻略中  updated: 2018-11-24, posted: 2018-7-28, views: 15362
最新の記事は見逃さない
シェア

コメント

もっと見る

関連記事

もっと見る

人気記事

全てを見る

最新記事

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ZANP.lifeとは?利用規約プライバシー・ポリシーContact: @zanplife