【Identity V ストーリー】断罪狩人 - 山守りだった?| 背景推理の結論 ネタバレ

オリティス荘園の森林とパトロール屋は、ベイン・ペレッツのいえだった。彼は自分の手で育ったオオジカのリーダーー”黒鼻”がいた。自分の子供と扱い、ベインは彼らにここずっといて欲しかった。でも予想外のことはいつも起こる。新しい銃猟シーズンがきて、ベインは黒鼻を隠そうとして、安全を保証したかった。けど武器を持ってる密猟者が現れた。 銃声があった、ベインはマスケット銃を持って行ったら倒れた黒鼻を見つけた。ベインは密猟者の中に覚えのある顔を見つけた。それは数年前に虎ハサミから救った少年だった。ベインは彼に哀願したが、その人が「ミーノータウロスを作る」ゲームを始めた。ベインお舌を切り出し、黒鼻の首をベインの頭にかぶった。けど誰も予想してないが、屈辱を受けたベインは魔になって、ミーノータウロスになり、この山林は自分の迷宮だ。

断罪狩人の背景推理の結論をまとめます。

1. 番人の責任

この森には誰も入らせない。

法律により、この土地で鳥や野生動物の狩りが許されるのは地主だけだ。だから番人が必要なんだ。

2. 障害を取除く

誰かがここを通行止めにしようと、板を置いている。何がしたいんだ?

ここは相変わらず静かな森だ。この目障りな木の板がなければね。鹿の角が引っかかるだろ。

3. 駆除

番人の職務は侵入者を駆逐することだ。

観光客たちはどうやらこの標識が見えていないらしい。もっと目立つように作らないといけないかもしれない。

4. 捕獲

度重なる軽率な行為の責任は、誰かにとってもらわなければならない。

写真:がっかりした番人が少年の襟を掴んでいる。

5. 善良な心

誤って森に入ってしまった人たちを監獄に入れるより、送り返した方がいいだろう。

「優しい人になることで魂が安らかになる」って母さんは言っていたけど、それは間違ってた。

6. ミノタロスの森

彼らをそう簡単に出入りさせてはならない。ここはその辺の公園とは違うのだから。

写真:数人の密猟者が番人の顔をトラバサミで押さえつけ、1人の少年がヘラジカの顔を引っ掲げている。

7. 狩り

ハンターと獲物、番人と侵入者。どこか似ている。

優秀な番人は、いかに侵入者を捕まえるかを熟知している。この点で、我々とハンターは似ている。

8. 奇襲

ずる賢い奴らに対処するには、ちょっと方法を考える必要がある。

明らかに彼らが思いもしなかったところで著しい成果を収めた。

9. 修繕

この愚か者たちは多くのものをぶち壊した。

日記:この世で最も修理し難い物は人の心だ。

10. 一視同仁

彼らは送り返されるべきだ!

写真:ヘラジカの頭を被った番人は、森の中に逃げ込んだ密猟者を見張っている。

#IdentityV攻略#IdentityV#deduction#断罪狩人#ネタバレ#背景推理#アイデンティティV#結論#攻略

IdentityV攻略中  updated: 2018-11-30, posted: 2018-8-1, views: 5181
最新の記事は見逃さない
シェア

コメント

もっと見る

関連記事

もっと見る

人気記事

全てを見る

最新記事

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ZANP.lifeとは?利用規約プライバシー・ポリシーContact: @zanplife