【Identity V ストーリー】リッパー - 殺人鬼と画家の二重人格? | 背景推理の結論 ネタバレ

わかりやすい動画

 1888年8月31日の二日間、リッパーはロンドのホワイトチャペルに最少でも五人を殺し、新聞社に署名ついてるメールと死骸のパーツを送っていた。相次ぎの残酷の事件で、リッパーって名前はロンドンの霧と混ざってきて、人は夜の外出が怖くなった、だって、霧の中に殺人鬼がいないのか誰も確信できない。

リッパーのストーリー・背景推理の結論をまとめます。

1. 好奇心

その中に何が入っているのか、考えたことある?

日記:私はかつて、大好きな人形を持っていた。「彼」はその腹を切り裂いてみるように私をそそのかした。中には何もなかったが、二度とその人形をうまく縫い合わせることはできなかった。

2. 平静

芸術とは相手のない慈悲だ。

日記:絵を描いている時だけ、「彼」はこんなに静かになる。私は描き続けなければならない。

3. 悪い子

お前は自分を律しなければならない。

私は今、悪い子だ。なぜなら、良い子はもう眠っているから。

4. 戦績

世の中は苦しい。犠牲を払っても、誰も理解してくれない。

クリッピング:上に五つの女性の名前が書かれている。メアリー・アン・ニコルズ、アーニー・チャップマン、エリザベス・ストライド、キャサリン・エドウッズ、メアリー・ジェイン・ケリー。

5. 身分

どんな人にも身分は必要だ。それも、たった1つの方がいい。

日記:私は眠ることに恐怖を抱き始めた。それは元々、一度きりの冗談だったのに、今となっては……毎朝、鉄さびた匂いの中で目覚めた。どうしたら「彼」から逃れられるだろうか

6. 冗談

あれ、これは面白そう。別に危害が加わるようなものじゃないよね?

私は彼らが震えている姿を見るのが好きなんだ。だって可愛いから。

7. 地獄から来た

暗闇は、まだ光によって見通すことができる。しかし霧は、消えるのをを待つことしかできない。

日記:できることなら、私を止めてくれ。

8. 拒むことのできない贈り物

来るべき運命を拒むことのできる方法はひとつしかない。それは死だ。

木の化粧箱:新聞紙でくるんだ赤い肉片が収められている。紙片にはこのように書いてある:「送り出せ!」

9. 追捕

ちょっとした厄介事を生み出せば、簡単に元あった秩序を乱すことができる。

混乱のいいところを知っているか?それは公平さをもたらすことだ。悪いことが半分、いいことがーーちょっと待てよ、ヤツはまだ存在しているのか?

10. 幕が下りる

終わりは怖くなんかない。人が不安になるのは、このすべてがどんな形で終わるのかが分からないことだ。

油絵:暗い寝室で、黒いトレンチコートを着た男性が窓の側に立って下を眺めている。

Identity V ストーリー・背景推理一覧
ストーリー
まとめ
結魂者
再び捨てられた
踊り子
笑い道化師の彼女?
祭司
答えを見つける
機械技師
パパを復活させたい
リッパー
二重人格
道化師
愛のため殺人
心眼
強くなりたい
傭兵
逃走兵
空軍
過失殺人
オフェンス
マジシャンと繋がり
マジシャン
師匠を殺した
泥棒
子供を悪用
弁護士
復讐者の妻と不倫
医師
闇医者
断罪狩人
山守り
復讐者
経営難で自殺
庭師
復讐者の娘

#IdentityV攻略#IdentityV#ストーリー#deduction#リッパー#ネタバレ#背景推理#アイデンティティV#結論#攻略

IdentityV攻略中  updated: 2018-12-8, posted: 2018-8-16, views: 41665
最新の記事は見逃さない
シェア

コメント

もっと見る

関連記事

もっと見る

人気記事

全てを見る

最新記事

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ZANP.lifeとは?利用規約プライバシー・ポリシーContact: @zanplife