【Identity V ストーリー 】7月9日 医師の日記 1 - 庭師は人格解離、泥棒は片思い | ネタバレ

医師の背景推理を全部クリアしたら、日記を見ることができます。

日本にはまだ出てないかも。

今日はその日記(1)を紹介します。(ネタバレ注意)

医師日記1 映像 (日本語字幕)

いくつかのキーポイントをまとめます。

1. 医師は庭師を直したことある。ゲームに参加するのも治療のため?

映像冒頭のセリフ:

医者はどんな職業なのか 考える時間はなかった あの事の後、この問題を回答する資格を失った 故にここに過去の過ちを償いたい 私、彼女を直したい

ここの情報量が多い。

まず「あの事」っていうのはなんのこと?医師の背景推理結論を見ると、おそらく「違法手術で患者を死なせた」ってことです。

医師の背景推理結論 10 - 崩壊

ニュース:ある婦人はリディア・ジョンズクリニックで違法手術を受けた。手術の途中、先生は患者を捨ててクリニックを去った。

医師を庭師を治療したのも、医師の背景推理結論からわかります。

医師の背景推理結論 5 - 慈愛の心

チラシ一枚:「ジョンズ先生は水曜日午前中、ホワイトサンドストリート59号の精神病院でボランティア診療をいたします。水曜日の営業時間は午後2時〜6時に調整します」。

庭師の背景推理結論 10 - 救済

写真:14歳の女の子が椅子に固定され、電気療法が終了した。 女性医師が装置を操作している

つまり、庭師はかつて精神病院にいた。しかも庭師からの治療を受けた。庭師は必ず直すと約束したので、ゲームに参加し治療を続けたいのだ

2. 泥棒クリーチャー・ピアソンから庭師の片思い

泥棒クリーチャー・ピアソンこのクソ野郎、まさか庭師に片思いを持ってるって!!

もし正常に発展した愛の気持ちならいいが、クリーチャー・ピアソンこの泥棒めは子供を盗ませて、泥棒集団を作ったのだ。庭師はかつてその一人だった

庭師の背景推理 8 - 避難

写真:8、9歳の女の子が孤児院の玄関に立っている。「私の最愛のリサ」と右下に書いてある

つまり、庭師は子供時代、孤児院にいていた。

泥棒 の背景推理 9 - 新たなスタート

記事:先週教会病院のボランティア問診では、ホワイトストリートに少なくとも12名の児童が精神の病気を持っている。ホワイトストリート孤児院は協会によって改造され、児童精神病院として使うことになる

庭師がいていた孤児院は精神病院になった。このボランティア問診はおそらく医師が言及したボランティア診療でしょう。

3. 庭師は小さいごろ両親から愛されてないことで精神病気になり、案山子を人格化した。

推測だけの話ですが、子供時代親から愛されてない庭師は、庭でよく1人で遊んでいた。その時は多分案山子に色々苦情を話していた。孤児院に送られた時には、ショックを受けて、精神問題になり。記憶にある案山子を人格化した

以上、医師の日記(その一)の紹介でした。次回を楽しみにしてください。

Identity V ストーリー・背景推理一覧
ストーリー
まとめ
結魂者
再び捨てられた
踊り子
笑い道化師の彼女?
祭司
答えを見つける
機械技師
パパを復活させたい
リッパー
二重人格
道化師
愛のため殺人
心眼
強くなりたい
傭兵
逃走兵
空軍
過失殺人
オフェンス
マジシャンと繋がり
マジシャン
師匠を殺した
泥棒
子供を悪用
弁護士
復讐者の妻と不倫
医師
闇医者
断罪狩人
山守り
復讐者
経営難で自殺
庭師
復讐者の娘

#IdentityV攻略#ストーリー#deduction#医師#deduction#庭師#deduction#泥棒#日記#背景推理#ネタバレ#アイデンティティV#第五人格

IdentityV攻略中  updated: 2018-11-30, posted: 2018-8-25, views: 17748
最新の記事は見逃さない
シェア

コメント

もっと見る

関連記事

もっと見る

人気記事

全てを見る

最新記事

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ZANP.lifeとは?利用規約プライバシー・ポリシーContact: @zanplife