Identity V公式情報: 狂眼は荘園を建てた。探偵に雇われた?

Identity V公式情報(中国語、下に日本語訳あり):

わかりやすい動画を作りました。よければご覧になってください。

日本語訳

バルク・ラパドゥーラは建築作業員の長男だった。子供時代から設計図や機械や道具と遊んでいて、才能をもつバルクは20歳のごろにはすでに有名だった。1組の夫婦に雇われて、バルクは当時まだ壊れ果てたエウリュディケー荘園にきて、ほとんどの建築設計作業を担当した。雇い主の要求で、バルクは荘園領地内で作業員をリードして拡張作業をしていた。仕事の他、バルクは自分のちょっとした「趣味」ーー仕掛けも入れた。荘園はバルクの秘密実験場になった。あの不幸の事件が起こるまで、この狂気な建築士はまだ新しい仕掛けの追加を計画したと言われています。

ダイジェスト

  1. 荘園のオーナー夫妻って、探偵の両親?もしくは探偵本人?
  2. 拡張 って、荘園本体の他、軍需工場などのゲーム場所を作るってことか
  3. 秘密実験場: バルクのスキルは、柵とかは仕掛けで作れること。実験って言うのは、この「自動化」だけ?
  4. あの事件: これはおそらく冒頭ストーリーに探偵が話してた「火事」ですかね。

#IdentityV攻略#deduction#狂眼#ストーリー#背景#推理#deduction#探偵#deduction#荘園

IdentityV攻略中  updated: 2018-12-1, posted: 2018-11-18, views: 1082
最新の記事は見逃さない
シェア

コメント

もっと見る

関連記事

もっと見る

人気記事

全てを見る

最新記事

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ZANP.lifeとは?利用規約プライバシー・ポリシーContact: @zanplife