【Identity V ストーリー】カウボーイ - インディアン部族へ罪の償い | 背景推理の結論 ネタバレ

カヴィン・アユソはアメリカ西部の小さな町で生まれた。小さい頃インディアン人の女の子と仲良くしていた。けど米軍とインディアン部族との衝突で、二人の間の連絡が取れなくなった。

数年後、事故にあったケヴィンはインディチェロキー族の家長に助けられて、感謝と心に潜んでいた長年の恥ずかしさを感じ、部族に残すことに決意した。一人ぽっちな老人のめんどを見た。

だけど米軍と部族の闘争が激しくなり。米軍の同胞はなぜこの善良の部族を消すことに尽くしているのかは、カヴィンはどうしても理解できない。なぜ「野蛮人」を捕まえるためのポスターが堂々と、文明を自慢したこの社会の隅から隅まで貼られている。

米軍がせめてきて、部族が迅速に衰弱して行った。米軍の挑発で、部族の人たちはさらにカヴィンがスパイだと疑って始めた。

部族の人に迷惑をかけないよう、カヴィンは自ら去っていた。全ての財産を部族に残して、少年時代の女の子からもらった投げ縄だけを持ち、再び旅を立った。

1. 出会い

不幸が降りかかってくるまで、新しい友達ができるのが幸運だと思いがちだ。

写真: 雪に転んだ男の子が頭をあげ、ボロボロの服を着ている女の子と、ちょっとしたところに暴走した牛を見ている。女の子の手には、綺麗な投げ縄があった。

2. 恩返し

良心を持っていれば、誰もが不幸になった女の子をほっとくことができない。僕の恩人はなおさらだ。

写真:カヴィン一家と女の子とはボロになった壁炉のそばに座っている、皆楽しそうだ。女の子は自分の投げ縄をカヴィンに渡しているところ。

3. 期待

生活の本来の姿だ、夢が必ず叶うわけはない。

別れの先に必ずしも再会が待っているのではない

4. 悪夢

う、嘘だ!彼らはそんな人間ではない!せめて元々は

懸賞ポスター:インディアン人を殺すアメリカ人には賞金がもらえる。

ならば、うち最近牛と羊を買ったお金はここからだ。

5. 生計

家を出るには決心と勇気の他、お金。。も必要だ。

雇用契約書:農場主はカヴィン・アユソに定期的に報酬を支払う。

幸い、体の丈夫のカウボーイに対しては、生計を維持するのが難しくない。

6. 命拾い

ここに立ち往生したのは三日目だ。寒くてペコペコだ。。。僕は。。死んで行くか。

写真: 焚き火のそばに寝ているカヴィンは数人のインディアン人に囲まれた。部族長らしいの老人は綺麗な投げ縄を持ちながら高ぶる表情をしている。

7. 償い

優しいのは感謝か、やましいか。

日記:僕が庇ったあの二人の罪と、同胞たちが彼らに対して犯した罪を、できる限り償いたい。

8. 皆殺し

彼らの攻撃はますます多くなってきた!我々は抜け道はないようだ。

「僕を信じて!皆の痕跡漏らしてない!僕スパイじゃない!」

9. 猶豫

もしその時の真実を教えてあげたら。。いや。。やめとく。

「お嬢さんは僕の仲のいい友達でした。楽しい冬を一緒に過ごしました。まだ彼女が戻って来ていないですか?」

10. 荷が重い

死んだ人が二度と現れない、それは。。。良心の重い影だ。

部族長への手紙と金貨の袋。これは彼の全財産らしい。

#IdentityV攻略#IdentityV#ストーリー#deduction#カウボーイ#ネタバレ#背景推理#アイデンティティV#結論#攻略

IdentityV攻略中  updated: 2018-12-29, posted: 2018-12-29, views: 2250
最新の記事は見逃さない
シェア

コメント

もっと見る

関連記事

もっと見る

人気記事

全てを見る

最新記事

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ZANP.lifeとは?利用規約プライバシー・ポリシーContact: @zanplife