【第五人格】芸者 - | 背景推理の結論 ネタバレ

美智子はかつて吉原游廓で最も名が知れていた芸者だった。彼女が赤い着物を纏い舞を披露する姿は、まるで翼を羽ばたかせる紅蝶のようだった。

そんなある日、彼女はとある宴会でマールスという名の異国の紳士に出会った。マールスは薄く頬を染めた様子の美智子に一目惚れし、二人は当地で式を挙げ、彼の故郷へと向かった。

しかしマールスの家族はこの新婚夫婦を認めようとしなかった。中でも父親の反対が一番激しく、全うな家族にこんな婦人を嫁に入れてはいけないと騒いでいた。

マールスの心が変わることは無かったが、その後彼は上司の命令を受け、印度に6ヶ月間出張することになる。美智子が印度生活に慣れるか心配だった為、彼女を家に置いて行くことにした。これがすべての不幸の始まりだったのだ。

マールスが帰国する1週間前、濃厚な霧が漂う深夜、美智子が失踪した。彼女は用人と駆け落ちし、おまけに家の財産を一部盗んでいったと、マールスの父はそう言い張った。

当然マールスはそんな言葉を信じず、毎日外で妻を探し回った。しかし誰もあの可憐な東方美人を再び見かけることはできない。それは彼女自身だってそうだった。

1. 故郷

これは先祖たちの漂泊のラストストップで、私たちの起点でもある。

日記: 置屋に入る前に、「永眠町」と呼んだ。夜になると町が眠るようで、動くものが目立つ。

2. 置屋

浮き草のような身は、風に怖がらず。(※詩、翻訳が難い)

写真: 若い女の子は三味を引き、花魁に伴奏している。

3. 萌芽

いつか出会う、その人のために笑ったり泣いたりする。

写真:赤い着物を着ている芸者は宴会で踊っている。鼻が高くて目の彫りが深い若い男性がグラスを持ちながら踊りを見ている。

4. 旦那

夏の虫が死んでも火に飛び込む、人にバカにされている。

船チケット二枚:随分古いが、ちゃんと保存している。

5. 緊張(?)

これは全然違う国だ、女はとんでもない帽子を被る。

ハットピン:美しいハットピン、6インチほど、先端は磨かれて鋭利だ。

6. 陰気

彼は遠い出するの。ツーショットを残した。

写真: 着物を着ている若い婦人は夫と、顔の暗い老人の後ろに立っている。写真のうしろに「不快の女」が書かれてある

7. 寒気

人の心は他人に変えられるものではない。

電報:嫁駆け落ち、すぐ帰れ。父より。

8. 愛恋

君の枕の側に居て、君に会いたい気持ちが絶たない(※詩、翻訳が難い)

写真:疲れている若い男性が街で人探しポスターを張っている。ポスターには綺麗で恥ずかしがている女性の写真。

9. 怨恨

会いたいけど、悲しむだけ。(※詩、翻訳が難い)

日記: 彼は本当に、知らないの?いや、あのハットピン。。。彼は絶対知っている、知らなくちゃいけない。

10. 生成

ホッとするのが大変だ。心の中の鬼を駆除したら、人も消える。

でも消えるまで、私はどこに身を置いたらいい?

#IdentityV攻略#第五人格#ストーリー#deduction#芸者#ネタバレ#背景推理#アイデンティティV#結論#攻略

IdentityV攻略中  updated: 2019-1-5, posted: 2019-1-1, views: 4320
最新の記事は見逃さない
シェア

コメント

もっと見る

関連記事

もっと見る

人気記事

全てを見る

最新記事

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ZANP.lifeとは?利用規約プライバシー・ポリシーContact: @zanplife