【Identity V ストーリー】復讐者 - 工場経営の失敗X妻の浮気で自殺??| 背景推理の結論 ネタバレ

レオはもともと小さい織物工場をもっていた、妻と友人のフレディー・ライリーに全財産を持って行かれて、借金は払えなくなったリオ・ベイカーは工場で自分の命を火で終了しようとした。高音でレオの怒りは消えてなくて、魂に永遠の怨恨がが刻まれた。灰燼に生まれ変わったレオは、ノコギリを持つモンスターになった。

復讐者の背景推理の結論をまとめます。

1. 怒りの炎

公益精神を復讐と憎悪に捻じ曲げた。これこそ怒りの原罪だ。

秘話1:1枚の古い処方箋に火傷の処置方法が記載されていた。「火傷表面は空気との接触を避けるため、油(灯油・サラダ油またはバター)を傷の表面に塗り、小麦粉・石膏または粉末状にした木炭を均等に振りかけ、毎日重ねていく。2週間は傷を拭かず、入浴を避ける。」

2. 執着

ハンターの役目とは、この人たちを然るべき場所に連れていくことだ。

レオ・ベイカーはいつも自分の目標を追いかけていた。

3. 追跡

標的が隙を見せるのをひたすら待つのも一つの方法だが、優秀なハンターは、時に自ら攻める

火災の後、残った建物の中で燃えた後と衣服の切れ端が見つかった。壁には一行の文字が残されていた:お前らを探し出してやる。

4. 怒りの吐け口

胸中の怒りが抑えきれない時は、発散する方法が必要だ

レオ・ベイカーは怒りで胸がいっぱいだ。彼に会わないよう祈っておいたほうがいい。

5. 鬼ごっこ

追跡と逃走は、時に長い道となる

レオ・ベイカーはハンターという退屈な職業の中で、楽しみを見つけた。

6. 懲罰

法律で与えられた権限以外で、他人に罰を与えたいという意欲も怒りと呼ぶ。

「花火みたいで、昔の思い出が蘇ったよ。」

7. 意表を突く

生活は時にサプライズが必要になる。それはゲームも同じ

レオ・ベイカーの行動はより俊敏になり、恐ろしくなったようだ。

8. 不意をうつ

集中力とはかなり優れた特性だ。少なくともハンターにとってはそうだろう。

独特な形状の鎌。誰のものかは分からない。

9. 止められる者はいない

怒りが頂点に達した時、君を止められるものなんてないだろう?

これらの木の板は簡単に破壊されるが、ハンターの足止めにはもってこいだ。

10 徘徊者

お前らを探し出してやる。

1枚の古い新聞記事には、閉鎖した工場の中で、全身包帯だらけの怪しい男が徘徊していると書かれていた。その男はレオ・ベイカーに似ている。

Identity V ストーリー・背景推理一覧
ストーリー
まとめ
結魂者
再び捨てられた
踊り子
笑い道化師の彼女?
祭司
答えを見つける
機械技師
パパを復活させたい
リッパー
二重人格
道化師
愛のため殺人
心眼
強くなりたい
傭兵
逃走兵
空軍
過失殺人
オフェンス
マジシャンと繋がり
マジシャン
師匠を殺した
泥棒
子供を悪用
弁護士
復讐者の妻と不倫
医師
闇医者
断罪狩人
山守り
復讐者
経営難で自殺
庭師
復讐者の娘

#IdentityV攻略#IdentityV#ストーリーネタバレ#背景推理#deduction#復讐者#アイデンティティV#結論#攻略

IdentityV攻略中  updated: 2018-11-30, posted: 2018-7-14, views: 21436
最新の記事は見逃さない
シェア

コメント

もっと見る

関連記事

もっと見る

人気記事

全てを見る

最新記事

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ZANP.lifeとは?利用規約プライバシー・ポリシーContact: @zanplife