「シャーロック 第1話」のあらすじ・ネタバレ - シャーロックとワトソンの出会い

シャーロックホームズの舞台を東京に写したドラマ、10月7日から放送された。主演はディーン・フジオカ、第1話のあらすじをまとめます。

ディーン・フジオカが演じるのは誉獅子雄、つまり「シャーロック」 岩田剛典が演じるのは精神科医の若宮潤一、つまり「ワトソン」だ。

第1話では、若宮潤一の同僚の死亡した事件で、二人の出会いの場になる。

第1話のあらすじ

出典: https://www.fujitv.co.jp/sherlock/story/story_01.html

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は頭脳明晰で容姿端麗な、犯罪捜査専門のコンサルタント。難事件の捜査を、警視庁捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)から特別に依頼され、請け負っている。罪と悪に興味があり、謎解きは彼の生きがいでもある。だが、その性格は難ありで、一般の人が対等に渡り歩けることは、まずない。そんな獅子雄にとって、運命的な出会いを果たす事件が、いま幕を開ける。

都内の、とある病院で、ある一人の勤務医が屋上から謎の転落死を遂げる。死亡したのは、消化器内科医の赤羽栄光(中尾明慶)。第一発見者の看護師・水野麻里(松井玲奈)が、赤羽の助けを求める声を聞いていたことで、何者かに突き落とされたことが疑われる。江藤たち捜査一課は病院関係者を集めて事情聴取を始めた。

通報者で警備員の石井太(木下ほうか)が、やはり赤羽の声を聞いて現場に駆けつけたと話すと、突然、白衣を着た男が「嘘つけ!」と遮る。男は、麻里と石井の発言の矛盾点を次々と指摘し、論破していき、周囲は唖然となる。この男こそが、獅子雄だった。そして、獅子雄は、その視界の隅に、ある一人の男を捉える。遠巻きに様子を伺っていたのは、精神科医の若宮潤一(岩田剛典)。その不審な動きを、獅子雄はしっかりとマークするのだった…。  果たして、若宮という男は何者なのか?一人の医師の死によって、隠されていたおぞましい事実が、間も無く獅子雄によって暴かれようとしていた。

以上では各投稿者の観点であり、zanp.lifeに責任負い兼ねます。

#ドラマ#シャーロック#感想#第1話#あらすじ

マンゴ  2019-10-8

ドラマの記事をZANPに投稿し、
漏れなく、Pointゲットしよう!
PointはAmazonギフト券に交換できます。