「トイ・ストーリー4」の感想 (賛否両論のわかりみ)

まず冒頭で元の持ち主アンディとの想い出のシーンや、現持ち主のボニーとのやり取りに泣かされます。 前回の3でアンディからボニーへと手渡されたウッディですが、あれからどのくらい時間が経ってしまったのでしょう、残念ながらウッディは決してボニーのお気に入りのおもちゃではなく、その存在すら忘れられてしまったかのように放置されていました。

ボニーが女の子だからなのでしょうか、ウッディの胸に輝く保安官バッチもボニーに取られて、ジェシーの胸につけて遊んでいます。 悲しそうなウッディですが、それでも!おもちゃとして子供の味方でいよう、ボニーを助けようとする姿に心を打たれました。

慣れない幼稚園で過ごすボニーをおもちゃらしく陰から見つめ、知られないようにあれこれと助けてあげるウッディ! これでボニーの気持ちがウッディに戻ってくれるといいなぁ…と思っていると、そこはあっさりと裏切られます。

ボニーの新たなお気に入りのおもちゃは、自分で作ったフォーキーという人形でした。 持ち主に好かれるのはおもちゃとして本望のはずですが、なんとこのフォーキー!自分はゴミだと信じて事あるごとにゴミ箱に入ろうとするのです。 その度にウッディが救助するのですが、ここは見ていて多少イライラしました。

そしてある日とうとうフォーキーは逃げ出してしまい、それを追ってウッディも大変な目に遭います。 勿論、良い出逢いもありました。 シリーズの途中で姿の見えなくなったビー・ボープはアンディの家から去ったあと「(持ち主のいない)迷子のおもちゃ」として自由に暮らしていました。 久々に登場のボーは、現代女性らしく自分で考え勇敢に行動していって驚きました。 (陶器なのに大丈夫なの?というくらい動き回ります)

一方で自分の壊れた部品のせいで持ち主に出逢えないと思っているギャビーギャビーという女の子のおもちゃともウッディは出逢います。 フォーキーと引き換えに、大切なウッディの部品が取り出されてしまうシーンはつらくて思わず目をつぶりました。 (そこまでしないと幸せになれないのかという…)

また、ウッディが最後にボニーや仲間の元に帰るのかと思っていたら、ボーと一緒に持ち主のいないおもちゃになる決意をするのです。 ここは、ウッディファンにとって賛否両論になるのもわかります。 さて、続きの5はあるのかと気になるところです。

以上では各投稿者の観点であり、zanp.lifeに責任負い兼ねます。

#映画#トイ・ストーリー4#感想

netfree  2019-10-9
もっと見る

関連記事

映画の記事をZANPに投稿し、
漏れなく、Pointゲットしよう!
PointはAmazonギフト券に交換できます。