「スカーレット」第5話のあらすじ・視聴率

スカーレットの第5話の視聴率は20.0%。スカーレットは滋賀県甲賀市にいる女性陶芸家の川原喜美子の奮闘を描く物語です。 スカーレットの第5話のあらすじ・ネタバレをまとめます

慶乃川からもらった紙に絵を描き始めた喜美子はそのまま寝ちゃった。翌日、喜美子の絵を見かけた宗一郎は喜美子を褒めた。

褒めた喜美子は絵に没頭した、学校も行かなくて父にバレて、逆によっばらった父に大丈夫だと言われた。

その夜、草間は嫁との結婚写真をみて悲しくしていた。

学校に行っても絵を書いていた喜美子は先生に叱られたが、お父さんに勉強必要ないって先生に言った。家に帰ったら、自分が書いた絵をもち、紙芝居をやった。母に上手だねと褒められた

先生は学校のことを照子から聞いたお父さんは怒鳴って、喜美子にちゃんと勉強しろと叱った。絵は落書きだと、今社長の娘照子に遊びに言って勉強してくるとお父さんは言った、喜美子は喜んで出て行った。

照子のところに行って、照子が授業を教わった。うまく行ったようだ。

夜、喜美子は家帰ったら、草間は出て行ったのを知った。紙芝居の代金として少しお金は置いてあった。喜美子に手紙の一通残った。漢字読めない喜美子だったが、涙をこぼした。

以上では各投稿者の観点であり、zanp.lifeに責任負い兼ねます。

#ドラマ#スカーレット#感想#第5話#あらすじ

チンパンジ  2019-10-7
もっと見る

関連記事

ドラマの記事をZANPに投稿し、
漏れなく、Pointゲットしよう!
PointはAmazonギフト券に交換できます。