スカーレット」第8話のあらすじ・視聴率

スカーレットは滋賀県甲賀市にいる女性陶芸家の川原喜美子の奮闘を描く物語です。 スカーレットの第8話のあらすじ・ネタバレをまとめます

第7話では借金取りの二人が家にやってきて、偶然に挨拶にきた宗一郎が立て替えてくれた話だった。

喜美子は父の意地はるメンツをみて納得できなかった。それは男の意地だと、常治は言った。翌日、一晩悩んだ喜美子は常治に話をかけた。色々最近のことを言い、女にも意地と誇りがあるって出張した。母のマツは涙ぐんだが、父はなんとも。

帰る予定だった宗一郎は、親子の喧嘩を見て、帰るのを遅らせた。子供に柔道を教えた。その間での泊まりはその問題のコアになった20円を宿泊代にするって。柔道を学ぶのは喜美子だけでなく、信作や黒岩や照子も参加する。草間宗一郎の従業では、勝負が目的ではなくて、人を敬うことを大事している。子供への人生に大きい影響を与えるだろう。

以上では各投稿者の観点であり、zanp.lifeに責任負い兼ねます。

#ドラマ#スカーレット#あらすじ#感想

シャンピ  2019-10-10
もっと見る

関連記事

ドラマの記事をZANPに投稿し、
漏れなく、Pointゲットしよう!
PointはAmazonギフト券に交換できます。